バラの特徴を生かしたフラワーアレンジメント術を紹介します

フラワーアレンジメント バラ

趣味でフラワーアレンジメントを行なう方が多くなってきています。カルチャーなどの習い事でも人気がある種類となっていて、自宅でもフラワーアレンジメントに挑戦する方も多いです。人気があるのはバラを使ったアレンジメントですが、その特徴を上手く生かして行わないと素敵なものには仕上がりません。バラの特徴を存分に活かしながら、センスの良いフラワーアレンジメントを作れるようにしていくことが大切です。フラワーアレンジメントの作り方として基本の森方をある程度マスターしておくことをおすすめします。フラワーアレンジメントの基本形にはドーム型やトライアングル型など10種類以上がありますが、使う花材によって形を変えてみたりすることが定番です。初心者の方はまず基本の形をしっかりと覚えて、それに沿ったアレンジメントを行っていくと失敗が無くおすすめと言えます。

バラを使ったフラワーアレンジメントのポイントとは

バラを使ったフラワーアレンジメントは初心者の方でも華やかにできることや、一年間通して流通している花材としてもとても手ごろなものとして使うことができます。例えば通年手に入る花材の組み合わせとしてバラとガーベラを使ったフラワーアレンジメントの組み合わせは定番で初めての方にもおすすめしたいアレンジメントの一つです。カラーの種類がどちらも豊富なので自分の好きなカラーを使うことが可能となっています。カラーが豊富だとイメージが膨らませやすいですので初心者でなかなかアレンジメントのデザインが浮かばないという方でも上手く行うことができる花材です。アレンジメントの形も基本形であるオーバルで行うことができます。オーバルはどこから見ても綺麗に見えるように刺していけば初心者でも簡単に作れます。

バラを使ったフラワーアレンジメントを長く楽しむためには

せっかく飾ったフラワーアレンジメントなら少しでも長い時間鑑賞を楽しみたいと考える方が多いです。自分で生けたものなら特にそう感じます。バラは他の花に比べると比較的日持ちをするといわれていますが、さらに人手間かけることでもっと長い時間楽しむことができるわけです。花は水分を吸って光合成をしながら長生きするわけですが、余分な葉がついているとそちらに栄養分が回ってしまい肝心の花まで栄養が回らないということがあります。花は葉にもエネルギーを与えるので、消耗するエネルギーの量も多くなってしまうわけです。アレンジメントをする上で不必要な葉は全部取り除くことがおすすめと言えます。またバラのトゲが付いたままだと他の花を傷つけてしまうのでこちらも取り除くことでアレンジメントが長持ちするようになります。