フラワーアレンジメントでのバラの活用方法

フラワーアレンジメント バラ

花や葉、枝などを装飾に使って、お花を生けることをフラワーアレンジメントと言いますが、実は日本古来の生け花に対して、西洋風の物として、近年言われるようになった言葉です。お花がある生活というのは、それだけで心を和ませてくれる効果があります。また様々な種類の花と色とりどりの色彩は、その場所を華やかに演出する効果が大きいですので、多くの方が生活の中にも自然に取り入れています。花の中でも特にバラというのは見た目にもより一層の華やかさがあり、フラワーアレンジメントではよく活用される種類です。それなりに日持ちもしますし、扱いやすい種であることも、人気がある理由のひとつです。また贈り物としても広く利用がされていますので、自分で飾るだけでなく贈答用としてバラをメインにしたアレンジメンを作られる方も多いです。

フラワーアレンジメントにバラを利用すると豪華です

フラワーアレンジメントでバラを使えば高級感がありますので、もらっても嬉しいですし、贈答用としても喜ばれます。またバラには多くの品種がありますので、贈る方のイメージを持ったバラをあしらうと、より気持ちが込められて素敵です。また日持ちを考えるのなら、花が開ききっていない状態のものを選びます。またバラと相性の良い、かすみ草、チューリップ、ダリヤなどを実際に横に合わせながら、色合い具合を見ながらセンスの良い配色を考えてみます。花屋さんのアドバイスなども参考にしながら、予算に合わせて組み合わせを考えます。そして購入したらバケツなどに入れて、実際にアレンジするまで水揚げをしっかりとして水を吸わせておくと持ちが良いです。バラは花瓶に刺すだけでもゴージャスですが、花瓶の口がなるべく小さな方が映えます。

フラワーアレンジメントにおいてバラは万能の花です

バラは花の女王とも呼ばれているほどよく利用されていますが、メインにもサブにも飾れる万能の花種です。品種も数万とありますので、これだけでも色の組み合わせ、形の組み合わせでいく通りもの雰囲気の違いを楽しむことができます。フラワーは花、アレンジメントは配置という英語ですが、フラワーアレンジメントの世界では飾る技法も様々あります。花を対称や非対称に配置するなどして幾何学的な象徴性や哲学性を重視している形もあれば、そこからさらに独走的な創意を加えて、より高い装飾性を目指すこともあります。フラワーアレンジメントに特化した教室も多く、そこでは勉強を積んで資格取得などもできますので、基礎から学んでもっと深くこの世界を追求することもできるのでお勧めです。誕生日や記念日のお祝いに、自宅で楽しむためにと、フラワーアレンジメントは活用法も広いですので、一度やり方をマスターすると実用的にも役立つ趣味です。